肩こりは低体温と関係ありますか?

肩こりは低体温と関係ありますか?

肩こりは低体温と関係ありますか?

 

低体温の患者さんは、
肩こりが発生しやすいと言われています。

 

低体温になっている時点で、
免疫力や体力が低下している、
虚弱体質の可能性があります。

 

筋肉むきむきのごつい方でも、
虚弱体質の可能性がありますよ。

 

 

低体温タイプの肩こりの方は、
圧倒的に女性に多いです。

 

冷え性になっていて、
慢性的に低体温になって、
カラダもだるい感じの状態です。

 

年齢層はさまざまですが、
細身の方に多いと言われています。

 

 

低体温になっている中で、
最も多いと言われているのが、
内臓の機能が低下しているケースです。

 

内臓そのものに病気はなくても、
内臓がうまく動いていないというか、
動きが鈍くなっている状態です。

 

過剰に動くのも問題ですが、
動きにくいのも問題があります。

 

内臓の機能が低下すると、
体温が勝手に下がってしまって、
低体温になるケースが多いですよ。

 

 

また、筋肉がもともと少ない場合も、
筋肉による発熱が少なくなるため、
低体温になる可能性があります。

 

筋肉不足によって、
頭が前のめりになり、
猫背になって肩こりも出てきます。

 

だからといって、筋トレを行っても、
筋肉がなかなかつかないのが特徴ですし、
筋トレを行う体力が無い方も多いですね。

 

この場合、重要になってくるのが、
筋肉の機能を治療で高めることです。

 

筋肉の機能を治療で高める方法、
ゴルジ腱器官や筋紡錘などを利用して、
筋肉を活性化させる方法を使います。

 

※専門用語を使ってすみません!!

 

 

筋トレを行っても、
改善されない場合には、
筋肉の機能を高める治療を受けてみてください。

 

キネシオロジーと呼ばれる、
運動学を応用した治療家の場合は、
上記を得意としていると思います。

肩こりでお困りの方へ

 

「どうにかしたい…」と悩んでいる方に不足しがちな重要成分

 

Sponsored Link