肩こりは低血糖症・断食と関係ありますか?

肩こりは低血糖症・断食と関係ありますか?

肩こりは低血糖症・断食と関係ありますか?

 

低血糖症がひどくなったり、
断食を過剰に行いすぎると、
肩こりが発生することがありますよ。

 

一般的な肩こりではなく、
筋肉が緩みすぎてしまうような、
機能低下タイプの肩こりが出やすいです。

 

 

普通の肩こりは、
筋肉がパンパンになって、
強い緊張になりますよね。

 

触ってもパンパンになっていて、
固く動かしにくい状態になります。

 

機能低下タイプの肩こりは、
この症状とまったく逆です。

 

筋肉が緩みすぎてしまって、
動かそうと思っても動かせない、
動かしたいのにダルイ、といった感じ。

 

緊張するのもよくありませんが、
緩みすぎるのもよくありません。

 

 

筋肉の栄養になる成分が足りないと、
筋肉の能力が一時的に急低下します。

 

一気に機能が落ちていきます。

 

糖質制限ダイエットなど、
流行のダイエットを行う場合も、
最初はこの症状が出てきます。

 

病気で低血糖になっている場合も、
機能低下するケースが多いですね。

 

ご自身で断食する場合も、
全身の機能が低下していきますから、
機能低下性の肩こりが出てきます。

 

 

この症状が出ている場合は、
まずは栄養補給が必要です。

 

さらに、筋肉が眠った状態、
冬眠した状態になっているので、
優しく呼び起こしてあげる必要があります。

 

このタイプの患者さんに、
強い刺激の治療を行うと、
筋肉が破壊されることが多いです。

 

筋肉の機能が低下しているということは、
筋肉自身を守る機能も低下しています。

 

機能が低下している筋肉に、
強い刺激を与えすぎると、
筋肉は壊れてしまいます。

 

 

もし機能低下タイプの肩こりが出ている場合は、
優しい治療を受けてみてくださいね。

 

ソフトタッチの治療というか、
弱い治療を受けることで、
症状が回復しやすいですよ。

肩こりでお困りの方へ

 

「どうにかしたい…」と悩んでいる方に不足しがちな重要成分

 

Sponsored Link