肩こりは糖尿病と関係ありますか?

肩こりは糖尿病と関係ありますか?

肩こりは糖尿病と関係ありますか?

 

糖尿病の症状が進行すると、
肩こりがひどくなることがあります。

 

糖尿病は神経や血管に、
強いダメージを与える病気です。

 

神経も血管も、
筋肉をコントーロールするので、
筋肉に強い負担が入りやすくなります。

 

特に男性のほうが、
筋肉の負担が強くなり、
症状がきついことが多いです。

 

 

糖尿病患者さんの中で、
特に注意する必要があるのが、
血管が壊れやすい方がいることです。

 

血管が破壊されやすくなる、
特殊な病気を併発する方がいます。

 

この場合、強い刺激を加えると、
肩こりの症状が強くなるので、
治療院では治療できない場合があります。

 

 

過去の患者さんの中にも、
皮膚がボロボロになっていて、
治療できない方もいらっしゃいました。

 

血管にダメージが入ると、
細胞にも負担が加わります。

 

細胞がもろくなってしまうと、
簡単に壊れてしまうんですね。

 

皮膚がボロボロになりやすい患者さんは、
皮膚の下もボロボロになりやすいので、
治療が難しくなってしまいます。

 

 

軽度の糖尿病の方であれば、
治療院の治療は問題ないと思います。

 

よく内科の先生からご紹介いただくので、
普通に治療を行わせてもらっています。

 

でも、重度の糖尿病患者さんは、
1型・2型どちらのタイプであっても、
治療院の治療が不適当になる場合が多いです。

 

筋肉が壊れてしまって、
激しいもみ返しのようになります。

 

激しくもみ返しが発生すると、
筋肉の回復が遅くなりますから、
肩こりが治りにくくなってしまいます。

 

治療を行ったことで、
逆効果になる可能性があります。

 

この点、病院の先生と相談の上、
適切な治療院を探してみてくださいね。

肩こりでお困りの方へ

 

「どうにかしたい…」と悩んでいる方に不足しがちな重要成分

 

Sponsored Link