肩こりは記憶力と関係ありますか?

肩こりは記憶力と関係ありますか?

 

肩こりの症状が激しいと、
記憶力が低下する可能性があります。

 

デジタル認知症と呼ばれる、
最近のデジタル事情を反映した
記憶障害が出てくることもあります。

 

簡単にいえば、
デジタル製品に頼りすぎて、
記憶力が低下する感じです。

 

 

一方で、デジタル時代になる以前から、
肩こりのひどいものは、
記憶力に関係すると言われていました。

 

脳に酸素が運ばれる量が減ったり、
血液の量が減ったりして、
記憶力が低下するとも言われています。

 

ですから受験生の方や、
資格勉強を行なっている方は、
調子を整えたほうが良いですよ。

 

カラダのコンディションを整えると、
脳のコンディションもアップします。

 

これは医学的に古くから判明していて、
適度な有酸素運動やトレーニングは、
脳力をアップさせるんですね。

 

カラダを動かすことによって、
成績も良くなっていきます。

 

 

著しく記憶力が向上するかはわかりませんが、
肩こりを改善することは重要です。

 

受験生の患者さんも多く来院されていて、
施術前後で脳の働きが変わった、
というのもよく見かけます。

 

そもそも肩こりが出ていたら、
やる気が出ませんからね。

 

集中して勉強できませんし、
肩こりが気になってしまって、
負担が増加するだけだと思います。

 

パンパンに固まっている場合は、
いったん休憩を挟んで、
カラダを回復させると良いですよ。

肩こりでお困りの方へ