肩こりは吐き気と関係ありますか?

肩こりは吐き気と関係ありますか?

 

肩こりの症状が激しくなると、
吐き気が出てくることがありますよ。

 

首周りの筋肉が固まることで、
自律神経に負担が加わって、
吐き気などの症状が起こりやすくなります。

 

特に頭痛やめまい、目の疲れなど、
他の症状が出ている方に
同時に吐き気が起こるケースが多いです。

 

 

吐き気が出ている時点で、
症状はかなり進行していると思ってください。

 

めまいから進行して、
吐き気が出てくることが多く、
強烈な負担がカラダに加わっています。

 

このまま肩こりを放置していると、
慢性化・長期化のおそれがあるので、
病院や治療院で治療を受けてくださいね。

 

 

また注意する必要があるのが、
肩こり以外の吐き気の可能性です。

 

肩こり以外にも、
多くの原因が吐き気と関係あります。

 

肩こりだと思っていたものが、
肩こり以外の原因だった、
という症例は数多くありますよ。

 

吐き気以外の症状、
例えば震えがあるだとか、
発熱が発生している場合には、
必ず病院を受診するようにしてください。

 

 

基本的には、
吐き気が出ている患者さんは、
治療院では初期治療の対象外です。

 

最初は病院で検査を行って、
脳やその他の病気が出ていないかを、
必ずチェックするようにしてくださいね。

 

このとき、緊張型頭痛と呼ばれたり、
肩こりによる吐き気だねと言われた場合は、
治療院での治療が適応になりますよ。

 

病的ではないと判断できれば、
治療院でも治療することがOKです。

肩こりでお困りの方へ