肩こりは食べ過ぎと関係ありますか?

肩こりは食べ過ぎと関係ありますか?

 

食べ過ぎは肩こりを引き起こしますよ。

 

肩こりだけではなくて、
腰痛や背中の痛みなど、
筋肉系の症状を引き起こしやすいです。

 

胃腸に負担が入ってしまうと、
胃腸にエネルギーが使われます。

 

本来、筋肉に回ってくるはずの
動かすための成分たちが足りなくなって、
徐々に筋肉に負担が入るようになります。

 

食べ過ぎる習慣がある方ほど、
気をつけないと勝手に症状が出てきます。

 

 

特に注意する必要があるのが、
ご自身では気づきにくい
アレルギー物質を食べることです。

 

日本では野菜や果物は、
健康によいとされています。

 

確かに健康に良いと思いますが、
気をつけないとアレルギーになっていて、
そこから肩こりが発生することがあるんですね。

 

甘くて美味しい果物などは、
アレルギーに気づかないまま
食べ続けている方もいるくらいです。

 

アナフィラキシーショックのように、
思い切り症状が出れば気づきますが、
肩こりなどが出てもほとんど気づきません。

 

 

アレルギーと書くと、
くしゃみや咳、呼吸困難など、
呼吸器系統の症状ばかりが注目されます。

 

でも肩こりも発生しますし、
腰痛も発生することがあるんです。

 

便秘や下痢などの症状も引き起こされやすく、
お項の症状が出てきてしまうんですね。

 

アレルギーだと気づかないまま、
ご自身に適さないものを食べ過ぎると、
症状がいつまでも出てきますよ。

 

食べ過ぎにも注意ですし、
アレルギー物質にも注意です。

肩こりでお困りの方へ