肩こりは風邪と関係ありますか?

肩こりは風邪と関係ありますか?

肩こりは風邪と関係ありますか?

 

肩こりと風邪、
とても深い関係性があります。

 

風邪の前兆として、
肩こりや背中の張りが出ることがあります。

 

 

「もうすぐ風邪ひきますよ」と
患者さんに説明をすることがあります。

 

背中には、喉や肺、鼻などの、
呼吸器に関係したツボがついています。

 

背骨のすぐ近くにたくさんあって、
風邪を引く可能性のある患者さんの場合、
そのツボがボコンと膨らみ始めるんです。

 

普段は何の症状もないのに、
風邪の前兆症状として、
背中のツボが膨らみ始めるんですね。

 

冗談だと思われていた患者さんに、
後からびっくりされることがあります。

 

治療の数日以内に、
本当に風邪をひいてしまって、
言われたことにびっくりする感じです。

 

 

覚えておいていただきたいのが、
東洋医学の世界では、肩こりが酷いと
慢性的な風邪になりやすいということです。

 

肩こりを放置していると、
風邪のツボを刺激し続けて、
なんだかわからない風邪が出てくるんです。

 

特に症状の強い病気ではないけれど、
なぜか回復までに時間が掛かる、
そんな風邪が出てきてしまいます。

 

肩こりを放置していると、
風邪以外にも多くの症状が出るので、
この点は気をつけて頂きたいと思います。

 

免疫機能にも関わりますから、
注意してくださいね。

肩こりでお困りの方へ

 

「どうにかしたい…」と悩んでいる方に不足しがちな重要成分

 

Sponsored Link