肩こりは不安障害・パニック障害と関係ありますか?

肩こりは不安障害・パニック障害と関係ありますか?

肩こりは不安障害・パニック障害と関係ありますか?

 

肩こりと不安障害やパニック障害など、
ココロに負ったダメージは
深い関係性があると言われています。

 

腸内環境とも関係しますし、
筋肉内部にネガティブな情報がインプットされて、
継続的に不安な感じになることもあると言われています。

 

タッピングという技術があって、
ツボや筋肉の一部を軽く叩くことで、
ココロのダメージをケアする治療法です。

 

不思議な治療法ですが、
アメリカでは正確な治療法として、
心療内科等の先生たちによって使用されます。

 

筋肉をケアすることで、
ココロの問題をケアするんですね。

 

 

他の治療法の中にも、
カラダをケアすることによって、
ココロをケアする方法はたくさんあります。

 

肩こりだけが関係するわけではありませんが、
肩こりも間違いなく原因の一つになります。

 

全身がダルイ・肩が張っている、
こうしたネガティブな部分を感じると、
ココロもネガティブな感じになってしまいます。

 

肩こりを改善することで、
ココロのケアにもなりますよ。

 

 

ただし、注意していただきたいのが、
ご自身がストレスを感じないような、
適切な治療を受けることです。

 

負担の掛からない、痛みの少ない、
怖くない治療を受けてみてくださいね。

 

少しでも不安な部分があると、
それをストレスに感じてしまって、
肩こりとココロの両方が悪化します。

 

ココロは繊細にできているので、
気をつけないと悪化し続けます。

 

症状がきつい患者さんほど、
周囲から見ると些細なきっかけで、
両方の症状が悪化してしまいます。

 

十分にご注意頂きたいと思います。

肩こりでお困りの方へ