肩こりは燃え尽き症候群と関係ありますか?

肩こりは燃え尽き症候群と関係ありますか?

肩こりは燃え尽き症候群と関係ありますか?

 

燃え尽き症候群になってしまうと、
全身の疲れがどっとできますね。

 

どう表現したらよいか難しいですが、
とにかく動き出すことができない、
非常に厄介な感じになってしまうと思います。

 

僕自身、何度か
燃え尽き症候群の経験があります。

 

どうしてもやらなければならないプロジェクト、
治療院以外のビジネスで頑張りすぎて、
パソコンを一切触れなくなった時期があります。

 

パソコンを触ると、
蕁麻疹が出てしまう、
そんな感じになったことがあります。

 

ドラゴンボールで有名な
鳥山明さんも同じような感じで、
漫画を書くときに蕁麻疹が出るようですね。

 

 

燃え尽き症候群の勉強をしようと思っても、
その勉強に対する意欲すら出なくて、
強烈な負担になった記憶があります。

 

調べたいんだけど調べれない、
実践したいんだけど実践できない、
そんな嫌な感情を今でも覚えています。

 

肩こりもひどくなりましたし、
極度の腰痛も出てきてしまいました。

 

 

心と体というのは密接な関係があって、
ココロに問題が発生すると
カラダにも問題が発生します。

 

燃え尽きるくらいココロが負担を感じると、
カラダも徐々に燃え尽きていきます。

 

この時重要になるのが、
体のケアと心のケアを
両方行うことですね。

 

とにかく自分が好きなこと、
子供の頃に熱中していたものを
もう一度行うことをオススメいたします。

 

僕の場合は漫画を読んだり、
漫画家に関する情報を調べまくりました。

 

結果的にココロのエネルギーが充電されて、
カラダも回復していきましたね。

 

 

ご自身の中で充電できるもの、
ご自身が本当に好きなもの、
これを試してみると良いですよ。

 

ココロのエネルギーが不足すると、
間違いなくカラダは影響を受けます。

 

気をつけて頂きたいと思います。

肩こりでお困りの方へ